会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

従業員が仕事の都合で会社の休日に健康診断を受診することになりました。この場合、休日割増賃金を支払う必要があるのでしょうか。

一般的には会社の健康診断は平日に行われる場合が多いです。この場合、行政通達では一般健康診断で要した時間の賃金は会社が支払うことが望ましいとされています。休日に健康診断を受診した場合も、会社が賃金(割増)で支払うことが...

当社では有給休暇の取得については取得期限が先にくる繰越分(前年度付与)を優先しています。 しかし、仲のよい社長から有給休暇の取得は新規付与分(当年度付与)を優先していいということ聞きました。実際に新規付与分から消化さ...

従業員が有給休暇を請求した場合、繰越分と新規付与分のどちらを取得させるべきかについては労働基準法では定めがありません。どちらを優先して取得するかは各会社で定める必要があります。ただし、繰越分(前年度付与)から取得する...

カテゴリ別労働関係通達

変形労働時間制

通達:フレックスタイム制度(標準...

フレックスタイム制の下において標準となる1日の労働時間は、年次有給休暇を取得した際に支払われる賃金の算定基礎となる労働...

続きを見る
賃金

通達:貯金管理(利子の上限及び下限)

預金の年利率の下限は厚生労働省令で定められ、年5厘であるが、上限は定められていない。また、年5厘以上の利率になるのであ...

続きを見る
その他

通達:中間搾取の排除(職業紹介・...

有料職業紹介事業は、法律(職業安定法)に基づいて許される場合に該当する。(昭和33年基発90号)労働者派遣については、派...

続きを見る
年次有給休暇

通達:週所定労働日数の算出(有給)

予定されている所定労働日数を算出し難い場合には、基準日直前の実績を考慮して所定労働日数を算出することとして差し支えな...

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令