会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

取引先の会社の社長から許可申請をおこなえば、最低賃金を下回った賃金を支払っても大丈夫と聞いたのですが、そのようなことができるのでしょうか。

最低賃金は、原則として正社員、パート、アルバイト等の名称や雇用形態のいかんにかかわらず、全ての労働者に適用されます。ただし、労働能力が著しく劣るため最低賃金を一律に適用すると、かえって雇用機会をせばめる可能性がある労...

従業員が仕事の都合で会社の休日に健康診断を受診することになりました。この場合、休日割増賃金を支払う必要があるのでしょうか。

一般的には会社の健康診断は平日に行われる場合が多いです。この場合、行政通達では一般健康診断で要した時間の賃金は会社が支払うことが望ましいとされています。休日に健康診断を受診した場合も、会社が賃金(割増)で支払うことが...

カテゴリ別労働関係通達

変形労働時間制

通達:フレックスタイム制度(始業...

フレックスタイム制を採用する場合には、就業規則その他これに準ずるものにより、始業及び終業の時刻を労働者の決定にゆだね...

続きを見る
休業・休職

通達:資格喪失後の支給(傷病手当金)

療養は必ずしも保険医について診療を受けた場合にかぎらず、また、資格喪失後労務に服することができぬ期間についても支給し...

続きを見る
解雇

通達:退職時の証明(交付の義務)

法22条2項の解雇理由の証明の規定は、解雇予告の期間中に解雇を予告された労働者から請求があった場合に、使用者は遅滞なく、...

続きを見る
その他

通達:公民権行使(公の職務)

「公の職務」には、衆議院議員その他の議員、労働委員会の委員、陪審員、検察審査員、法令に基づいて設置される審議会の委員...

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令