会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

従業員が仕事の都合で会社の休日に健康診断を受診することになりました。この場合、休日割増賃金を支払う必要があるのでしょうか。

一般的には会社の健康診断は平日に行われる場合が多いです。この場合、行政通達では一般健康診断で要した時間の賃金は会社が支払うことが望ましいとされています。休日に健康診断を受診した場合も、会社が賃金(割増)で支払うことが...

当社では賃貸住宅の従業員に対し一律で2万円の住宅手当を支給しています。今までは住宅手当は割増賃金の基礎から控除していましたが、従業員からそれは法 律違反ですとの指摘をうけました。インターネットで調べても住宅手当は割増賃...

一律に支給されている住宅手当は、住宅費用に応じて決まるものではないため、割増賃金の基礎から控除することができません。名称が住宅手当であるため割増賃金の基礎から控除できると考える会社が多いようですが、実際には注意が必要...

カテゴリ別労働関係通達

休業・休職

通達:待機期間と有給休暇(傷病手...

療養のため欠勤したが、この欠勤開始の日から3日間を年次有給休暇として処理された場合にも、待期は完成し傷病手当金は給与計...

続きを見る
休業・休職

通達:傷病のため軽い労働に服する...

医師の指示又は許可のもとに半日出勤し、従前の業務に服する場合は支給されない。また、就業時間を短縮せず配置転換により同...

続きを見る
休業・休職

通達:労働時間の短縮(健康診断の...

労働安全衛生法第66条の規定による健康診断の結果に基づいて使用者が労働時間を短縮させて労働させたときは、使用者は労働の...

続きを見る
賃金

通達:平均賃金(端数処理)

1日平均賃金の算定にあたり銭未満の端数を生じたときは、これを切り捨てる。(昭和22年基発232号)

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令