会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

当社では有給休暇の取得については取得期限が先にくる繰越分(前年度付与)を優先しています。 しかし、仲のよい社長から有給休暇の取得は新規付与分(当年度付与)を優先していいということ聞きました。実際に新規付与分から消化さ...

従業員が有給休暇を請求した場合、繰越分と新規付与分のどちらを取得させるべきかについては労働基準法では定めがありません。どちらを優先して取得するかは各会社で定める必要があります。ただし、繰越分(前年度付与)から取得する...

取引先の会社の社長から許可申請をおこなえば、最低賃金を下回った賃金を支払っても大丈夫と聞いたのですが、そのようなことができるのでしょうか。

最低賃金は、原則として正社員、パート、アルバイト等の名称や雇用形態のいかんにかかわらず、全ての労働者に適用されます。ただし、労働能力が著しく劣るため最低賃金を一律に適用すると、かえって雇用機会をせばめる可能性がある労...

カテゴリ別労働関係通達

労働契約

通達:労働契約(退職に関する事項)

「退職に関する事項」は、退職の事由及び手続、解雇の事由等を明示しなければならない。なお、当該明示すべき事項の内容が膨...

続きを見る
解雇

通達:退職時の証明(交付の義務)

法22条2項の解雇理由の証明の規定は、解雇予告の期間中に解雇を予告された労働者から請求があった場合に、使用者は遅滞なく、...

続きを見る
賃金

通達:複数の事業で働く場合の割増賃金

2以上の事業場に使用され、その通算労働時間が8時間を超える場合、法定時間外に使用した事業主は法第37条に基づき割増賃金を...

続きを見る
社会保険

通達:賞与にかかる報酬の範囲(社...

(1)毎年7月1日現在における賞与の支給が、給与規定、賃金協約等の諸規定によって年間を通じ4回以上の支給につき客観的に...

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令