会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

取引先の会社の社長から許可申請をおこなえば、最低賃金を下回った賃金を支払っても大丈夫と聞いたのですが、そのようなことができるのでしょうか。

最低賃金は、原則として正社員、パート、アルバイト等の名称や雇用形態のいかんにかかわらず、全ての労働者に適用されます。ただし、労働能力が著しく劣るため最低賃金を一律に適用すると、かえって雇用機会をせばめる可能性がある労...

当社では有給休暇の取得については取得期限が先にくる繰越分(前年度付与)を優先しています。 しかし、仲のよい社長から有給休暇の取得は新規付与分(当年度付与)を優先していいということ聞きました。実際に新規付与分から消化さ...

従業員が有給休暇を請求した場合、繰越分と新規付与分のどちらを取得させるべきかについては労働基準法では定めがありません。どちらを優先して取得するかは各会社で定める必要があります。ただし、繰越分(前年度付与)から取得する...

カテゴリ別労働関係通達

労災保険

通達:解雇制限(解雇予告期間中の...

解雇予告期間満了の直前にその労働者が業務上負傷し又は疾病にかかり療養のために休業を要するときは、たとえ1日ないし2日の...

続きを見る
休業・休職

通達:副業に従事した場合の傷病手...

傷病の状態が工場における労務に服することができない程度であれば、家事の副業に従事した場合でも支給する。(昭和3年12月27...

続きを見る
賃金

通達:遅刻、早退の時間を超える減...

労働者が遅刻、早退をした場合、その時間については賃金債権が生じないものであるから、その分の減給は、法第91条の制限を受...

続きを見る
労働契約

通達:労働契約(退職に関する事項)

「退職に関する事項」は、退職の事由及び手続、解雇の事由等を明示しなければならない。なお、当該明示すべき事項の内容が膨...

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令

  • 賃金

    法令:強制貯金の禁止

    使用者は、労働契約に附随して貯蓄の契約をさせ、又は貯蓄金を管理する契約をしてはならない。 【労使協定の締... 続きを見る

  • 労働契約

    法令:賠償予定の禁止

     使用者は労働契約の不履行について、違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはなりません。 損害賠... 続きを見る

  • 解雇

    法令:解雇権の濫用

    解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして... 続きを見る

  • 年次有給休暇

    法令:年次有給休暇

    【年次有給休暇とは】 使用者は、雇入れの日から起算して6ヶ月月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労... 続きを見る