労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 賃金 » 法令:最低賃金制度

法令:最低賃金制度

最低賃金制度とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者はその最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度で、その額は地域別・産業別に定められています使用者は最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。
最低賃金制度は、原則として、社員、アルバイト、パートタイマーなど就労形態の如何を問わず、すべての労働者および労働者を1人でも使用するすべての使用者に適用されます。
仮に最低賃金額より低い賃金を、労働者と使用者双方の合意の上で定めても、それは法律によって無効とされ、最低賃金額と同額の定めをしたものとされます。
地域別最低賃金額(厚生労働省HP)以上の賃金額を支払わない場合には、最低賃金法に罰則(50万円以下の罰金)が定められ、特定(産業別)最低賃金額(厚生労働省HP)以上の賃金額を支払わない場合には、労働基準法に罰則(30万円以下の罰金)が定められています。
なお、地域別、産業別両方の最低賃金が同時に適用される場合には、高い方の最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。