お知らせ

労働トラブルお悩み解決道場TOP » お知らせ一覧 » 政府が大企業の課長級以上に労働時間規制の特例を検討

政府が大企業の課長級以上に労働時間規制の特例を検討

政府が、年収八百万円を超えるような大企業の課長級以上の社員を対象として、「1日8時間・週40時間」の労働時間規制にあてはまらない新たな勤務制度(ホワイトカラー・エグゼンプション*)の実験的導入を検討していることがわかった。
導入の検討理由として、経済産業省は「自分の判断で働き方を柔軟に調整できるようになり、生産性向上につながる。」としている。

しかし、時間外労働に対する残業代は支払わない上、休日、深夜勤務での割増賃金もないというもので、労組は「過労死を引き起こす」と反発しており、政府内でも厚生労働省からは疑問の声が上がっている。

ホワイトカラー・エグゼンプションとは?
いわゆるホワイトカラー(管理職や事務職に従事する労働層)に対して、役職手当などをつけることで労働時間の規制に関して適用除外とする制度のこと。