お知らせ

労働トラブルお悩み解決道場TOP » お知らせ一覧 » 5/21(火)弁護士×社労士コラボセミナー開催!

5/21(火)弁護士×社労士コラボセミナー開催!

弁護士と社労士という労働問題を得意とする法律家が最強のダッグを組み、採用という入り口と、解雇・退職という出口に関して、リスクを最小にするとっておきの方法を伝授いたします。
実際に労働問題に悩んでいる経営者の皆様、未然のトラブルを防ぎたい経営者の皆様、必聴です。

【日時】
2013年5月21日(火) 14:00-16:10(受付開始13:45)

第1部:14:00~15:00 雇用で失敗しない事前対策
■ 採用コストを考える
■ 面接前の準備(求める人物像を考えるetc)
■ 求人のだし方(応募者の心ををつかむ求人etc)
■ 面接これだけは(面接シート、書類選考etc)
■ 採用時にこれだけはとっておきたいモンスター社員を予防する書類

第2部 15:10~16:10 会社を護る!解雇で訴えられない方策(組合対応から訴訟まで)
■ なぜ解雇は使用者にとって怖いのか
■ 従業員を辞めさせる場合のポイント
■ 解雇が認められた例,認められなかった例
■ 辞めさせた従業員に労働組合に駆け込まれた際の対処法
■ 辞めさせた従業員に労働審判,訴訟を提起された場合の対処法

【講師】
■ 社会保険労務士 寺林顕
実家がお寺で、僧侶資格を持つという異色の社労士。人事労務の仕事に携わって15年。就業規則の作成及び助成金の申請で累計1000社以上の実績があります。目標に「100%の会社目線で社長を助け、どんなことでも相談できる社会保険労務士になる。」かかげ、「勝売」より「笑売」をモットーに、楽しく仕事しています。

■ 弁護士 米澤 章吾
「弁護士とは依頼者に対するサービス業である」がモットーの経営者側労働問題を得意とする弁護士。実務4年間で、訴訟100件、400万円の残業代請求を40万円に抑えた実績と、共著書に「新・労働事件法律相談ガイドブック」「企業のうつ病対策ハンドブック~つまづかない労務管理2」があります。経営者の立場にたって,訴訟を見据えた有効な交渉の仕方をアドバイスいたします。

【対象】
従業員1名~100名未満の経営者様、人事担当者様

【料金】
事前予約限定価格!!
5月15日までに申し込みに限り ¥5,250(税込)
通常価格6,300(税込)

【申し込み方法】
・事前振り込みとなります。

「参加する」を押して頂き、以下の内容を記載の上メール(office@tokyo-romu.jp)を下さい。
詳細をご連絡させて頂きます。電話連絡は03-6280-3621 担当:藤澤まで

・件名:5月21日セミナー申し込み
・名前
・連絡先

上記のメールを頂いた後に、振り込み先をご連絡致します。

【人数】
20名限定