労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 休日・休憩・休暇 » 法令:休日

法令:休日

休日とは、労働者が労働契約において、労働義務を負わない日をいいます。休暇は、労働義務を免除される日です。

【法定休日と所定休日】
法定休日として、1週少なくとも1回、または4週を通じて4日以上と法律で定められています。一方、所定休日とは、法定休日を超えて付与するプラスアルファの休日のことをいいます。なお、法定休日を1週間のうちどの日にするかは任意ですので、必ずしも日曜日を休日にしなくてもかまいません。

【振替休日】
振替休日とは、あらかじめ定められた休日を労働日とし、その代わりに他の労働日を休日にすることをいいます。労働日と休日が入れ替わっただけなので、法定休日労働の割増賃金の支払義務は生じません。ただし、休日の振替の結果、その一週間の労働時間が法定労働時間を超える場合は割増賃金の支払義務が生じます。

【休日振替の手続要件】
休日の振替が認められるためには、次のような措置が必要です。
(1) 就業規則等に休日を振り替えることがある旨が記載してあること
(2) 振替を行う場合の具体的事由、振替日の指定の仕方等が定められていること
(3) 振り替えられる休日の前日までに振替によって休日になる日を特定すること
(4) 4週4日以上の休日が与えられるようにすること

【代休】
代休とは、休日労働が行われた場合に、事後にその代償措置として、以後の労働日の労働義務を免除することいいます。法定休日労働の後、代休を与えた場合には先に行なわれた法定休日労働について割増賃金の支払義務が生じる。