労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 年次有給休暇 » 法令:年次有給休暇

法令:年次有給休暇

【年次有給休暇とは】

使用者は、雇入れの日から起算して6ヶ月月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければなりません。
また、使用者は、1年6ヶ月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して6ヶ月を超えて継続勤務する日から起算した継続勤務年数1年ごとに、次の労働日を加算した有給休暇を与えなければなりません。しかし、継続勤務した期間を6ヶ月経過日から1年ごとに区分した各期間の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の8割未満である者に対しては、初日以後の1年間においては有給休暇を与えることを要しません。

 

勤続
年数
6ヶ月 1年6ヶ月 2年6ヶ月 3年6ヶ月 4年6ヶ月 5年6ヶ月 6年6ヶ月以上
付与
日数
10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日