労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » その他 » 法令:賃金台帳

法令:賃金台帳

使用者は、各事業場ごとに賃金台帳を調製し、賃金計算の基礎とな る事項及び賃金の額その他厚生労働省令で定める事項*を賃金支払の都度遅滞なく記入しなければならない。(労働基準法第108条)

*厚生労働省令で定める事項とは
(1)氏名
(2)性別
(3)賃金計算期間
(4)労働日数
(5)労働時間数
(6)時間外労働時間数、休日労働時間数、深夜労働時間数
(7)基本給、手当その他賃金の種類毎にその額
(8)賃金の一部を控除した場合には、その額
(9)通貨以外のもので支払われる賃金は、その評価総額

なお「(3)賃金計算期間」については日々雇い入れられる者(1箇月を超えて引続き使用される者を除く。)においては、記入しなくても差し支えない。