労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 就業規則 » Q&A:事業単位の届出(就業規則)

Q&A:事業単位の届出(就業規則)

当社は従業員が15名の会社です。東京の本社に8名、埼玉の支店に7名常駐しています。この場合、就業規則は各事業ごとに労働基準監督署へ届出が必要なのでしょうか?

労働基準法第89条は、「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成し、行政官庁に届出なければならない」として、使用者に就業規則の作成を義務づけています。、「常時10人以上」とは、常態として10人以上の労働者を使用する場合をいい、正社員だけでなく、パートや嘱託等も含めた人員とされます。また、その人員は会社全体でなく事業場単位で判断されるとしています。 各事業ごとの従業員数が10人未満であれば作成・届出の必要はありません。本社と支店をあわせて15名の従業員数があれば、労務リスクを考慮すると就業規則を作成し各事業所に届出又は本社のみ届出をおこなうことをお勧めいたします。
この条文でいう