労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 賃金 » Q&A:出勤停止中の賃金

Q&A:出勤停止中の賃金

このたび当社の従業員が当人の不注意により取引先とトラブルをおこしました。そのため、当社では懲戒処分として出勤停止(賃金不支給)を言い渡しました。すると従業員から「減給の制裁」に違反するのではないかと質問がありました。出勤停止期間中は賃金が不支給だと問題があるのでしょうか?

出勤停止とは、職務規律違反に対する制裁として労働契約を存続させながら労働者の就労を一定期間禁止することをいいます。就業規則の中に制裁規定として出勤停止処分とその期間中の賃金不支給が定めてある場合には、出勤停止期間中の賃金が不支給としても問題はありません。労働基準法第91条では「その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。」と制限しています。しかし、就業規則の中に制裁規定として出勤停止処分とその期間中の賃金不支給が定めてある場合には、労務の提供がされていない出勤停止期間中の賃金を受けられないことは、制裁としての出勤停止の当然の結果であって、通常の額以下の賃金を支給することを定める減給の制裁に関する法91条の規定には関係ありません。ただし、出勤停止の期間については公序良俗の見地より当該事犯の情状の程度等により制限はあるため、異常に長期にわたる場合には「公序良俗」(民法第90条)の見地から許されないものとなっています。