労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » その他 » Q&A:労働者の範囲(同居の親族)

Q&A:労働者の範囲(同居の親族)

同居の親族は、事業主と住居及び生計を一にするものであり、原則として労働基準法上の労働者には該当しないが、同居の親族であっても、常時同居の親族以外の労働者を使用する事業場において一般事務又は現場作業等に従事し、かつ、次の①及び②の条件を満たすものについては、一般に私生活面で相互協力関係とは別に独立した労働閨係が成立しているとみられるので、労働基準法上の労働者として取り扱うものとする。

①業務を行うにつき、事業主の指揮命令に従っていることが明確であること。
②就労の実態が当該事業場における他の労働者と同様であり、賃金もこれに応じて支払われていること。特に、始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休瑕等及び賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期等について、就業規則その他これに準ずるものに定めるところにより、その管理が他の労働者と同様になされていること。(昭和54年基発153号)