労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 採用・面接 » Q&A:問題ある求人

Q&A:問題ある求人

このたび求人広告をだすことになりました。女性限定で採用を考えているのですが、求人の担当者から女性を限定では求人をだすことはできないと言われました。女性限定では求人は出すことができないのでしょうか。

労働者を募集・採用する際には、一定の法律に沿った求人広告でなければなりません。そのため、女性限定の求人をだすことはできません。それでは例を見ながら主なルールをみていきましょう。  男女差別の禁止 男性のみ女性のみを対象とした募集・採用は禁止されております。性別に関わり無く均等に機会を与えなければなりません。例えば、「独身女性歓迎」というように採用の対象を男女のいずれかに絞ったり、「ウエイター」・「ウエイトレス」・「営業マン」など男女のいずれかを表す職種の用いることは禁止されています。 年齢を限定するもの 2007年の雇用対策法改正により、年齢制限を設けることができなくなりました。例えば、「20歳から30歳まで」というように年齢を制限することはできません。ただし、合理的な理由があり厚生労働省令で定める例外的事由に該当する場合は制限を設けることができます。 あまりにも労働条件格差のあるもの 求人広告の条件と実際の労働条件が著しく異なる求人広告は禁止されております。例えば「月収100万円以上」というように、実際の条件(例 月収30万円)と大きく格差がある場合には、故意に誤解を与える求人であるためこれに該当します。出来るだけ差異のないように設定しましょう。ただし、求人はあくまで目安であり、実際の労働条件と必ずしも同じである必要はありません。