労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 年次有給休暇 » Q&A:年次有給休暇の取得で皆勤手当は控除できるのか?

Q&A:年次有給休暇の取得で皆勤手当は控除できるのか?

当社では有給休暇を取得すると皆勤手当を支給していませんでした。先日従業員から有給休暇を取得したことによって皆勤手当が支給されないのは法律違反ではないかと指摘をうけました。皆勤手当は会社独自のルールなので会社の裁量権で決めることはできないのでしょうか。

労働基準法附則第136条では「使用者は、有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない」定めています。年次有給休暇は、労働基準法によって労働者に保障されている権利であるため、その権利の行使を理由として、不利益な取扱いをしてはいけません。会社独自のルールで決めた皆勤手当に労働基準法が影響するのかという考えもあります。ただし、皆勤手当を支給しないことは有給休暇の取得の抑制にもつながることから、有給休暇を取得しても皆勤手当は支給する必要があるといえます。つまり有給休暇の取得により皆勤手当を支給しないことは労働基準法の違反となりますまた、判例においても皆勤手当等の諸手当の全部又は一部を「年休を取得して休んだ日のあること」を理由として支給しないことは不利益取扱いとして許されない。〈大瀬工業事件 横浜地裁 昭和51.3.4〉となっております。