労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 年次有給休暇 » Q&A:有給休暇の取得は繰越分と新規付与分どちらが優先?

Q&A:有給休暇の取得は繰越分と新規付与分どちらが優先?

当社では有給休暇の取得については取得期限が先にくる繰越分(前年度付与)を優先しています。
しかし、仲のよい社長から有給休暇の取得は新規付与分(当年度付与)を優先していいということ聞きました。実際に新規付与分から消化させてもよろしいのでしょうか。

従業員が有給休暇を請求した場合、繰越分と新規付与分のどちらを取得させるべきかについては労働基準法では定めがありません。どちらを優先して取得するかは各会社で定める必要があります。ただし、繰越分(前年度付与)から取得するのが一般的です。

民法では「債務者が同一の債権者に対して同種の給付を目的とする数個の債務を負担する場合において、弁済として提供した給付がすべての債務を消滅させるに足りないときは、弁済をする者は、給付の時に、その弁済を充当すべき債務を指定することができる」(民法488条1項)という定めがあります。つまり有給休暇の繰越分と新規付与分のどちらを優先するかは使用者が決めることができます。ただし、取得順位は就業規則等で明確に定めておく必要があります。

今回のケースでは繰越分(前年度付与)を優先していたため、新規付与分(当年度付与)を優先することへの変更は従業員への不利益変更となります。そのため、従業員に説明をおこない、同意を得た上で就業規則を変更し運用することになります。