労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 賃金 » Q&A:給与計算時の端数処理の仕方

Q&A:給与計算時の端数処理の仕方

現在、会社で給与計算の担当をしております。給与計算の集計の際の端数処理の仕方よくわかりません。労働基準法ではどのようなルールになっているのですか?例えば割増賃金を計算するにあたって、30分未満の端数を切り捨て、1時間を最小の単位として処理したいのですが、法律上問題あるでしょうか?

結論から申しますと毎日の時間外労働時間数の端数を切り捨てることはできません。労働基準法では禁止されております。なお、労働基準法における給与計算の端数処理は行政通達で以下の通りとなっております。

 

  •  【1ヶ月の賃金支払額における端数処理】
  1. 1ヶ月の賃金支払額(賃金の一部を控除して支払う場合は控除後の額。以下同じ)に100円未満の端数が生じた場合、50円未満の端数を切り下げ、50円以上を100円に切り上げて支払うこと。
  2. 1ヶ月の賃金支払額に生じた1,000円未満の端数を翌月の賃金支払日に繰り越して支払うこと。
  •  【割増賃金を計算する際の端数処理】
  • ※毎日の時間外労働時間数の端数を切り捨てることはできません
  1. 1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、30分以上を1時間に切り上げること。
  2. 1時間あたりの賃金額および割増賃金額に1円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り上げ、50銭以上を1円に切り上げること。
  3. 1ヶ月の時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り上げ、50銭以上を1円に切り上げること。