労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 採用・面接 » Q&A:採用面接で、良い人物を見極める方法が、正直よくわかりません。

Q&A:採用面接で、良い人物を見極める方法が、正直よくわかりません。

欠員補充で書類選考をしたのち、面接に進む人を絞りました。
しかし、過去には、面接を問題なくクリアした人物でも、入社してからトラブルがあって、試用期間でやめてもらったり、本人が長続きしなかったり…というケースが多々あります。
面接に問題があるのではないかと、思っています。
弊社では、人事権のある総務部長と役員一名が面接官になるようにしています。
面接後の回収した履歴書のコピーには、蛍光マーカーのチェックと、大きな○(採用)大きな×(不採用)が記されているばかりで、特に採用される場合、どのような点が良かったのかは、面接官以外の者は把握できていないのが現状です。面接の極意があれば教えてください。

ご質問のような会社は中小企業さんに多いのではないでしょうか?
実は採用は会社にとって、大きなチャンスであると共に、大きな賭けでもあります。理由は「その人を採用することで会社に利益を生み出すのかどうか」がかかってくるからです。
しかしよく陥ってしまうのが、いざ求人広告なりを出して採用選考が始まると「採用すること=目的」となることです。
採用することが目的になると何がいけないのか?
それは戦略をたてず、「なんとなくいい」と感じる人を早めにとってしまおうとすることにあります。今回のように書類選考をしている会社はまだいい方ですが、いきなり面接に呼んでしまう会社もあります。
どちらにしても「どのような人物が必要なのか。」を書類選考の担当者と面接官、そして採用された人物が働く部署長とで認識を一つにしておくことが、最低限必要です。
そしてその内容に即した「面接シート」を作成し、履歴書や職務経歴書を参考に質問内容のシュミレーションをしておきましょう。「面接シート」さえあれば、場当たり的な質問は格段に減ります。少なくともどのような面接が行われ、どのような理由で合格○なのか不合格×なのか、の理由がわかり、今後につなげていくことができます。
また、採用担当者だけでなく、入社後共に働く社員からも「理想の人物像」を聞き取っておくこと、「現場が欲している人物」と「人事担当が欲している人物」のギャップが無くなり、入社後の不安要素が少なくなるはずです。