労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » その他 » Q&A:雇入れ時の健康診断の省略

Q&A:雇入れ時の健康診断の省略

当社では従業員を採用の際には提出書類として3ヶ月以内に受診した健康診断書を提出してもらっています。この場合の健康診断の受診料は会社が負担すべきものなのでしょうか?

労働安全衛生法では「事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。ただし、医師による健康診断を受けた後、3ヶ月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。」として、雇入れ時の健康診断について規定しています。ご質問のケースでは上記に該当し、健康診断自体は省略することができます。ただし、健康診断の費用については原則会社が負担しなければなりません。通達では健康診断を実施するのに要する費用については、法により、事業者に健康診断の実施が義務づけられています。採用が決定された段階での健康診断書の提出は会社負担となります。ただし、入社選考時の応募書類として健康診断書を出させる場合等は、これは健康状態を確認するためのものであるため費用負担は個人負担と考えられます。