労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 社会保険 » Q&A:2以上の事業所での勤務(社会保険)

Q&A:2以上の事業所での勤務(社会保険)

当社Aの従業員で他社Bで仕事をしている従業員がいます。当社Aの仕事を主としておこなっておりますが、他社Bでの給与も合算して標準報酬月額を決定しないといけないのでしょうか。

健康保険・厚生年金保険においては、複数の会社に勤務する場合には、全ての収入を合算した額により標準報酬月額が決定されます。ただし、この場合、何れの事業所も健康保険・厚生年金保険の加入要件(労働時間が常用労働者の3/4以上)を満たさなければなりませんので、一般の労働者で適用されるケースはほとんどありません。今回の質問のケースであれば、主とする事業所で社会保険に加入することになります。

2以上事業所勤務届が必要なケースには、2以上の会社の取締役を兼任し、2以上の会社から役員報酬等の支払いがあるような場合に限られます。※非常勤取締役の場合は必要ありません。
1つのの事業所で標準報酬月額が上限に達していたとしても、それぞれの事業所において届出を行うことが必要とされています。