労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 賃金 » Q&A:タイムカードに打刻された時間の全てに対して賃金を支払わなければなりませんか?

Q&A:タイムカードに打刻された時間の全てに対して賃金を支払わなければなりませんか?

弊社では、社員にタイムカードの打刻を義務付けています。

先日、ある社員から「残業代がタイムカード通りに計算されていないようです」と指摘を受けました。

賃金については、毎日記入する業務日報に基づいて計算しているので、タイムカードの打刻通りには計算していません。そのように答えたら問題がありますか?

問題は無いと思います。

まず伺いたいのは、タイムカードの打刻の目的は何でしょうか?

労働時間の把握のためである場合は、始業については会社に来た時刻ではなく作業直前に打刻し、終業については会社を出る時刻ではなく作業直後に打刻する、ということを徹底することが大切です。

なぜなら、出社した時に始業の打刻をしたとしても、その後、ユニフォームに着替えたり、トイレに行ったり、他の社員と雑談をしたり、とすぐには仕事を開始しないことがあるからです。よって、仕事を開始する直前に始業の打刻をするべきなのです。また、終業の際も同様です。

タイムカードを、遅刻、早退、欠勤、滞留時間などを把握する目的、もしくは会社への入退場を把握する目的で利用している場合は、労働時間の把握については業務日報で行う旨と合わせて、就業規則に記載し社員に周知させましょう。

労働時間の管理はどんな方法でも良いので、職場の実態に即したもので、ルールを作り、社員に周知のうえ、運用していきましょう。

最後に、労働時間の計算方法についてですが、労働基準法では1日の労働時間を15分単位、30分単位で切り上げ、切り捨てることはできません。1日については分単位で残業時間を計算し、1ヶ月の合計の30分未満の端数を切り捨て、30分以上を1時間に切り上げることになります。

 

<就業規則記載例>
(タイムカード及び労働時間)
第○○条 タイムカードは社員の遅刻、早退、欠勤、滞留時間を確認するために使用する。
2 社員の始業時刻の把握については、社員から提出された業務日報、残業報告書を元に労働時間を算出するものとする。