労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 就業規則 » Q&A:パート従業員から結婚祝い金を請求されました。初めてのことで驚いています。

Q&A:パート従業員から結婚祝い金を請求されました。初めてのことで驚いています。

先日、パート従業員から、結婚祝い金を請求されました。正社員の就業規則には定めがありますが、パートタイマー就業規則には慶弔金の定めがありません。会社としては「定めていないものは適用しない。」つまり支払うつもりはありませんでした。
しかし、そのパート従業員によると、「定めのないものは、社員の就業規則に準ずる。」とパートタイマー用就業規則に書いてあるため、もらえるはず、とのこと。
支給しなければならないでしょうか?

今回の状況ではコンプライアンスの観点から、お祝い金を支払うのが無難と思われます。 その後就業規則を見直して、今後は支払わずに済むようにしておきましょう。 ポイントは、就業規則の内容は出来る限り明確にしておくことです。そもそも正社員とパートタイマーの労働条件をきっちりわけるために、パートタイマー用の就業規則を作成しているのですから、内容は出来る限り明確にしておきましょう。 また、「ここに定めのないことは社員に準ずる」や「ここに定めないことは法令に準ずる」などの文言はわざわざ入れる必要はありません。就業規則の雛型などでよく見る文言ですが、就業規則の内容は、すべての部分について法令に従わなければならないというものではありません。