労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 退職 » Q&A:懲戒解雇する従業員にも退職金の支払いが必要ですか?

Q&A:懲戒解雇する従業員にも退職金の支払いが必要ですか?

非常に残念なことですが、経理課長が会社の金を横領していたことが発覚し、この度懲戒解雇としました。損害金については利息を含めすべて弁済させましたが、いざ退職手続きとなり、気づきました。この従業員にも退職金を支払う必要はあるのでしょうか?
20年前に新卒で入社した従業員ですので、普通の退職であれば、退職金支給の対象者です。

 

採用時の雇用契約書で退職金の支払いを約束したり、その会社に退職金を支払う慣行がある場合は、懲戒解雇される従業員についても、退職金の支払い義務があります。
不支給または減額とするには、就業規則等に「懲戒解雇の場合には退職金を減額する、または支給しない。」という規定があらかじめ設けられていることが必要です。

懲戒解雇の場合に退職金を支給しないというのは就業規則において、通常といえますが、「懲戒解雇=退職金の不支給」と直結するわけではありませんのでご注意下さい。
判例では、懲戒解雇の具体的内容に照らし合わせて個別に判断するようになっています。懲戒解雇の場合でも長年の勤続の功を抹消するほどの重大な不信行為であるかどうか、という点を鑑み、程度に照らして、不支給となるか一部支給となるかが判断されています。