労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 就業規則 » Q&A:新入社員が、身元保証書を提出しません。

Q&A:新入社員が、身元保証書を提出しません。

中途で採用した社員が、何度催促しても、身元保証書の提出をしません。何かいい手立てはありませんか?

就業規則に身元保証書について定めていますか?
提出期限を設ける。→提出が遅れた場合に催促できます。
内容の変更について記載しておく。 →身元保証人が亡くなった場合、身元保証契約を解除した場合など、新たな身元保証人を立てることを要求できます。
契約更新について記載しておく。 →身元保証契約の期限に達するまでに、新たな身元保証契約の締結を求めることができます。 以上のように定めておけば、会社としても催促しやすくなりますし、「提出しない場合、解雇されることもある。」旨の記載があれば、最悪の場合解雇もできます。 また、試用期間を設け、その期限までに身元保証書を提出しない場合、本採用を見送るという手段もあります。

なお、身元保証契約については期間の上限は5年間と定められており、期間の定めを設けない場合は、3年が上限となります。仮に20年という期間を定めた身元保証書が存在しても、5年を超える期間は無効とされ、5年に短縮されます。自動更新制度はないため、従業員の身元保証を正式に運用していくのであれば、期限がくる度に改めて契約更新をすることになります。(⇒法令)