労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 就業規則 » Q&A:社員がSNSに得意先のことなどを書き込んでいるようです。

Q&A:社員がSNSに得意先のことなどを書き込んでいるようです。

先日部下に指摘されて発覚したのですが、ある社員のブログに「今日は客先でこんなことがあった」「業務上でこんなトラブルがあり、このように対処した」という内容の記事が複数ありました。会社名こそ明記していませんが、遠くから撮った客先の会社の写真にはロゴがぼんやりと写っていて驚きました。
悪気はないと思うのですが、会社の信用問題に関わるので客先の写真や業務上の出来事についての掲載をやめるよう指導しました。
今後は、しっかり予防をしていきたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

こういった相談は多くなってきています。今回は社内の人間が先に気づいて良かったです。
もし先に客先の方が気づいていたら、大きな問題に発展していたかもしれません。
SNSの普及により、個人が簡単に情報を公開できるようになっています。就業時間外の行動についても、ルールを定めていく必要があります。
就業規則に記載があれば、万が一企業秩序を乱すような投稿があった場合、懲戒処分を行うこともできます。

【就業規則記載例】
(ソーシャルメディアに関する遵守事項)
第○○条
社員は、ソーシャルメディア等(ツイッター・フェイスブック・LINE・
You Tube・2チャンネル等)の利用について、次の事項を守らなければならない。
(1)会社及び取引先名や業態、ブランド名が識別できる書き込みをしないこと
(2)社員個人や顧客個人が識別できる書き込みをしないこと
(3)商品情報、売上や人事に関する社内情報、取引先情報、顧客情報等についての書き込みをしないこと
(4)会社や社員、取引先や顧客個人を誹謗中傷した書き込みをしないこと
(5)会社のロゴマークや商品の画像・映像の掲載をしないこと
(6)既に本条に該当する書き込みを行っている場合は、すみやかに削除すること

2  第1項に挙げる書き込みおよび掲載とは、文書のほか、画像や動画・音声等の送信・発信の一切を含むものとする。