労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 解雇 » Q&A:経営状況悪化のため、採用内定者の内定を取り消しする予定です。

Q&A:経営状況悪化のため、採用内定者の内定を取り消しする予定です。

例年通りの計画で、新規採用を行っていましたが、経営状況が悪化し、対応せざるを得なくなりました。現在働いてくれている社員を解雇するのは忍びなく、まだ入社していない内定者の採用を取り消そうと考えています。内定取り消しもデリケートと聞きますが、特に注意する点はありますか?

採用内定の状態は、解約権留保付始期付労働契約といわれています。 「始期付」とは、労働契約の効力または内定者の就労の義務等がすぐに発生するのではなく、入社式等の始期を待ってはじめて発生するということを意味しています。
「解約権留保付」とは、この労働契約には使用者と内定者との合意によって、使用者に解約権が留保されているということを意味しています。 つまり、内定によって労働契約が成立しているのですが、使用者は、内定に留保されている解約権を行使して内定を取り消すことができるのです。 しかし、だからといって気軽に内定取り消しができるわけではありません。 解約する事由が客観的に合理的と認められる場合に限り(成績不良による卒業延期、健康状態の著しい悪化、虚偽申告の判明、など)解約権を行使することができるのです。これ以外の事由で行使された解約権は、解約権の濫用とされ、無効とされます。 今回のご質問のように、会社側の経営状況が理由であれば、既存の従業員を解雇する際と同じ配慮で、解雇の説明が必要ですので、心してください。