労働トラブルQ&A

労働トラブルお悩み解決道場TOP » Q&Aカテゴリ一覧 » 労災保険 » Q&A:2以上の事業場での勤務(本業から副業への途中での労災)

Q&A:2以上の事業場での勤務(本業から副業への途中での労災)

当社A社に副業をおこなっているアルバイト社員がいます。当該社員が本業B社から副業先A社へ向かう途中に交通事故等に被災した場合、当該社員は労災保険から補償されるのですか。また、その際の補償は本業あるいは副業先いずれの賃金から算出されるのでしょうか。

従来,二重就労のための移動中に生じた事故等は労災保険制度の対象ではありませ
んでした。ただし、平成18年に労災保険法が改正され、二重就労先への移動途中の災害も通勤災害補償の対象とすることになりました。したがって、本業から副業、あるいは副業から本業へ向かう途中の交通事故等は、合理的経路・方法上で生じ、かつその逸脱・中断がない場合は、通勤災害として労災補償制度の対象となります。
労災補償給付の平均賃金については、両社の賃金を合算するのではなく、移動先の平均賃金を基に算出することとされています。つまり、本業から副業先への移動であれば副業側、副業から本業先への移動であれば、本業側の平均賃金をもって、通勤災害の補償がされることになります。