労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 年少者・女性 » 法令:18歳未満の時間外・休日・深夜労働

法令:18歳未満の時間外・休日・深夜労働

18歳未満の者(年少者)は災害等の理由をのぞき、時間外・休日・深夜労働をさせることはできません。つまり、36協定の対象者となりません。

【深夜労働】
原則、午後10時から翌午前5時までの間(厚生労働大臣が認める場合は午後11時から翌午前6時まで)は年少者を使用することはできません。
但し、満16歳以上の男性で交代制勤務に就く者は、労働基準監督署の許可を受ければ30分間の深夜労働をすることはできます。
①深夜時間帯が午後10時から翌午前5時の場合⇒午後10時30分までの深夜労働が可能
②深夜時間帯が午後11時から翌午前6時の場合⇒午前5時30分からの深夜労働が可能

【変形労働時間制】
「1日8時間、1週48時間を越えない労働時間」であれば満15歳以上(15歳に達した後の最初の3月31日までの期間は除く)の従業員は「1ヶ月単位の変形労働時間制又は「1年単位の変形労働時間制」で働かせることはできます。

【休日の変更】
年少者も週の法定労働時間を越えず、週1回の休日を与えていれば(又は4週間を通じ4日以上の休日を与えれば)休日を変更することができます。