労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 労働契約 » 法令:有期労働契約の不合理な労働条件の禁止(労働契約法20条)

法令:有期労働契約の不合理な労働条件の禁止(労働契約法20条)

同一の使用者と労働契約を締結している、有期労働契約の労働者と無期労働契約の労働者との間で、期間の定めがあることにより不合理に労働条件を相違させることを禁止するルールです。
対象となる労働条件は、賃金や労働時間等の狭義の労働条件だけでなく、労働契約の内容となっている災害補償、服務規律、教育訓練、付随義務、福利厚生など、労働者に対する一切の待遇が含まれます。
具体的には、有期労働契約の労働者の労働条件が、無期労働契約の労働者の労働条件と相違する場合、その労働条件の相違が、労働者の業務の内容及び業務に伴う責任の程度、職務の内容及び配置の変更の範囲、その他の事情を考慮して、「不合理と認められるものであってはならない」とされています。  「不合理と認められるものであってはならない」というのは、相違が合理的なものとまで認められる必要はないが、「不合理」であってはならない、すなわち、有期契約労働者の労働条件が、法的に否認すべき程度に不公正に低いものであってはならないということです。
この規定は訓示的なものではなく、強行規定であり、違反した場合は不合理とされた労働条件は無効となり、また、不法行為に基づく損害賠償請求の根拠などにもなり得ると解されています。(⇒厚生労働省パンフレット