労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 労働契約 » 法令:賠償予定の禁止

法令:賠償予定の禁止

 使用者は労働契約の不履行について、違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはなりません。 損害賠償の予定とは、債務不履行の場合に賠償すべき損害額を実害のいかんにかかわらず一定の金額として定めておくことです。すなわち、あらかじめ金額を定めておいてはいけないということです。
 しかし、違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をすることを禁止するだけで、労働者の債務不履行や不法行為を認めるものではないため、現実の損害が発生した場合に、その実損害額を賠償させることは禁止していません。
 また、労働者本人のみならず、親権者や身元保証人との間で、違約金や損害賠償額の予約を定めることも禁止しています。