労働関係法令

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 法令カテゴリ一覧 » 退職 » 法令:金品の返還

法令:金品の返還

社員が退職して本人から請求があった場合、または社員が死亡して遺族から請求があった場合は、7日以内に賃金を支払って、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければなりません。なお、賃金または金品に関して意見が異なる場合は、異議のない部分を7日以内に返還しないといけません。