労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 変形労働時間制 » 通達:フレックスタイム制度(標準となる1日の労働時間)

通達:フレックスタイム制度(標準となる1日の労働時間)

フレックスタイム制の下において標準となる1日の労働時間は、年次有給休暇を取得した際に支払われる賃金の算定基礎となる労働時間等となる労働時間の長さを定めるものであり、単に時間数を定めれば足りるものである。なお、フレックスタイム制の下で労働する労働者が年次有給休暇を取得した場合には、当該日に標準となる1日の労働時間労働したものとして取り扱う。(昭和63年基発1号)