労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 変形労働時間制 » 通達:フレックスタイム制度(過不足の繰り越し)

通達:フレックスタイム制度(過不足の繰り越し)

フレックスタイム制において、清算期間における実際の労働時間に過剰があった場合に、総労働時間として定められた時間分はその期間の賃金支払日に支払うが、それを超えて労働した時間分を次の清算期間中の総労働時間の一部に充当することは、その清算期間内における労働の対価の一部がその期間の賃金支払日に支払われないことになり、法第24条に違反する。一方、清算期間における実際の労働時間に不足があった場合に、総労働時間として定められた時間分の賃金はその賃金支払日に支払うが、それに達しない時間分を次の清算期間中の総労働時間に上積みして労働させることは、法定労働時間の総枠の範囲内である限り、その清算期間においては実際の労働時間に対する賃金よりも多く貸金を支払い、次の清算期間でその分の賃金の過払を清算するものと考えられ、法第24条に違反するものではない。(昭和63年基発1号)