労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 労働契約 » 通達:中間搾取の排除

通達:中間搾取の排除

「他人の就業に介入する」とは、労働関係の当事者、即ち使用者と労働者の中間に、第三者が介在して、その労働関係の開始存続について、媒介又は周旋をなす等その労働関係について、何等かの因果関係を有する関与をなしていることである。(昭和23年基発381号)