労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 賃金 » 通達:出来高払制労働者の割増賃金

通達:出来高払制労働者の割増賃金

賃金が出来高払制その他の請負制によって定められている者が、法36条1項もしくは法33条の規定によって時間外又は休日の労働をした場合の賃金の支払い方法については、その賃金算定期間において出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額を当該賃金算定期間における総労働時間数で除した金額に、法36条1項もしくは法33条の規定によって延長した労働時間数もしくは休日労働時間数を乗じた金額のそれぞれ2割5分以上又は3割5分以上を支払えばよい。(平成11年3月31日基発168号)