労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 労働契約 » 通達:労働契約(更新の有無の明示)

通達:労働契約(更新の有無の明示)

使用者は、有期労働契約の締結に際し、労働者に対して当該契約の期間の満了後における当該契約に係る更新の有無を明示しなければならない。この場合において使用者が当該契約を更新する場合がある旨明示したときは、使用者は、労働者に対して当該契約を更新する場合又はしない場合の判断の基準を明示しなければならない。また、使用者は有期労働契約の締結後にこれらの事項に関して変更する場合には当該契約を締結した労働者に対して、速やかにその内容を明示しなければならない。(平成15年労告357号)とされ、明示しなければならないこととされる「更新の有無」及び「判断の基準」の内容は、有期労働契約を締結する労働者が、契約期間の満了後の自らの雇用継続の可能性について一定程度予見することが可能となるものであることを要する。(平成15年基発1022001号)