労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 入社 » 通達:新規内定者の自宅待機(休業手当)

通達:新規内定者の自宅待機(休業手当)

新規学卒者のいわゆる採用内定については、企業が採用内定を発し、学生から入社誓約書又はこれに類するものを受領した時点において、過去の慣行上、定期採用の新規学卒者の入社時期が一定の期日に固定していない場合等の例外的場合を除いて、一般には、当該企業の例年の入社時期を就労の始期とし、一定の事由による解約権を留保した労働契約が成立したとみられる。したがって、このような場合において、企業の都合によって就労の始期を繰り下げる、いわゆる自宅待機の措置をとるときには、その線り下げられた期間について休業手当を支給すべきものと解される。(昭和63年基発150号)