労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 賃金 » 通達:賃金振込の同意

通達:賃金振込の同意

賃金の預金又は貯金への振込みによる支払における同意は、労働者の意思に基づくものである限りその形式は問われない。したがって、口頭でもよい。振込みとは、振り込まれた賃金の全額が所定の賃金支払日に払い出し得るように行われることを要する。(昭和63年基発1号)また、指定とは、労働者が賃金の振込み、又は振り込み対象として、銀行その他の金融機関に対する当該労働者本人名義の預貯金口座、又は証券会社に対する当該労働者本人名義の預り金を指定するとの意味であって、この指定が行われれば、特段の事情がない限り、同意が得られているものとする。(平成10年基発529号)