会社の悩みをズバッと解決!労働トラブルの解決方法をわかりやすく解説いたします!会社の悩は人事労務問題の専門家にお任せ下さい こんな時どうする?労働トラブルの事例をQ&A形式で解説いたします。 労働関係通達や判例が豊富!経営者、人事担当者、社労士、その他士業に最適!解雇・退職・採用・賃金...誰も教えてくれなかった労働トラブルの疑問を解消!

労働トラブルお悩み解決道場TOP

おすすめQ&A

取引先の会社の社長から許可申請をおこなえば、最低賃金を下回った賃金を支払っても大丈夫と聞いたのですが、そのようなことができるのでしょうか。

最低賃金は、原則として正社員、パート、アルバイト等の名称や雇用形態のいかんにかかわらず、全ての労働者に適用されます。ただし、労働能力が著しく劣るため最低賃金を一律に適用すると、かえって雇用機会をせばめる可能性がある労...

当社では賃貸住宅の従業員に対し一律で2万円の住宅手当を支給しています。今までは住宅手当は割増賃金の基礎から控除していましたが、従業員からそれは法 律違反ですとの指摘をうけました。インターネットで調べても住宅手当は割増賃...

一律に支給されている住宅手当は、住宅費用に応じて決まるものではないため、割増賃金の基礎から控除することができません。名称が住宅手当であるため割増賃金の基礎から控除できると考える会社が多いようですが、実際には注意が必要...

カテゴリ別労働関係通達

解雇

通達:退職時の証明(交付の義務)

法22条2項の解雇理由の証明の規定は、解雇予告の期間中に解雇を予告された労働者から請求があった場合に、使用者は遅滞なく、...

続きを見る
労働契約

通達:解雇制限(定年)

就業規則に定める定年制が労働者の定年に達した翌日をもってその雇用契約は自動的に終了する旨を定めたことが明らかであり、...

続きを見る
労働契約

通達:強制労働の禁止

「精神又は身体の自由を不当に拘束する手段」とは精神の作用又は身体の行動を何らかの形で妨げられる状態を生じさせる方法を...

続きを見る
労働契約

通達:労働条件の原則(この基準を...

一事業場の大部分の者の労働条件が低下する場合に適用され、例えば一律に本法を超える日数の年次有給休暇を与えていた事業場...

続きを見る

カテゴリ別労働関係法令