労働関係通達

労働トラブルお悩み解決道場TOP » 通達カテゴリ一覧 » 休日・休憩・休暇 » 通達:休日(振替)

通達:休日(振替)

就業規則において休日を特定したとしても、別に休日の振替を必要とする場合、休日を振り返ることができる旨の規定を設け、これによって休日を振り替える前にあらかじめ振り替えるべき日を特定して振り替えた場合は、当該休日は労働日となり、休日に労働させることにならない。ただし、休日に労働を行った後にその代償としてその後の特定の労働日の労働義務を免除するいわゆる代休の場合はこれにあたらない。なお、振替規定により休日を振り替える場合、当該休日は労働日となるので休日労働とはならないが、振り替えにより当該週の労働時間が1週間の法定労働時間を超えるときは時間外労働となる。(昭和63年基発150号)