労働トラブルお悩み解決道場TOP » » 36協定を超えた時間外労働

36協定を超えた時間外労働

法第36条第1項の協定によらない時間外労働又は休日労働は、法律違反であるが、法第37条の規定は法定の労働時間を超え又は法定の休日に労働させた場合に割増賃金を支払わねばならないという法意であるから割増賃金の支払義務は免れない。(昭和63年基発150号)